つまりものを防止

トイレのつまりは原因があるからこそ起こるので、できればトイレのつまりを発生させないようにする必要があります。トイレのつまりが発生しないようにするためには排水管にたまってしまわないようにする対応が必要です。トイレのつまりの一番の原因となっているのはトイレットペーパーで、トイレットペーパーを一度に沢山流すことで、トイレットペーパーが水分を含んでまるで水をせき止めするダムのような役割を排水管の中で果たしてしまいます。

トイレットペーパーは水を含んでしまうと固くなり、それが何枚も重なることで、水をせき止めするダムのようになってしまうのです。そのためトイレットペーパーは一度に沢山流さず、約3枚くらいで定期的に流すようにしましょう。トイレットペーパーの使用量は使う人で違ってくるので、沢山トイレットペーパーを使用する場合は、定期的に流してトイレのつまりを防止しましょう。

また、トイレのつまりになる原因としてトイレの便座を拭く何枚も重なったウェットペーパーなどを流してしまう事も原因として考えられます。便座をきれいにしたいと思っている方ほどこのウェットペーパーを使用している所が多いので、捨てる際はトイレではなく、トイレ用のゴミ箱を用意してそこにすてましょう。日頃の生活で気を付けることである程度トイレのつまりを防止することが可能です。